ドッグフード

食物アレルギー皮膚炎の場合は食事を気を付けなくてはなりません。アレルギーになりやすい食材は牛肉、乳製品、小麦、仔羊肉、鶏肉、鶏卵、大豆、トウモロコシやスパイスなどが代表的な食材です。アレルギーがあった場合は除去して食事をさせなくてはなりません。

犬の食事はドッグフードが主ですが、アレルゲンの食材が入っている場合は食べさせることができません。ドッグフードに入っている物の一つにお肉があります。お肉がアレルゲンの場合は牛肉の場合は鶏肉に変え、アレルゲンではないお肉を選んであげる事が大切です。肉全般がアレルギーの場合は魚が主に入っているドッグフードもあります。

犬は基本的に穀物を取らなくても大丈夫です。ドッグフードも無理して穀物が入っている物を選ぶ必要もなく、むしろ、穀物の入っていないドッグフードの方が犬にとっては体にいいです。特にアレルギーに掛かりやすい犬種にはアレルギーを発症して居なくてもアレルギー用のドッグフードを食べさせるのが効果的です。お肉のアレルギーがあったとしても、少量でも食べたらアレルギーが発症するわけではありません。体の中でアレルギーが発症する限度があり、必要以上に食べさせると発症します。健康な体を作ればアレルギーを抑える事が出来るのです。

関連HP〈https://www.mogwandogfood.co.jp/cart〉
穀物不使用の健康的なドッグフード「モグワン」通販サイトです。