Monthly Archives: 11月 2016

なりやすい犬種

犬は大型犬、中型犬、小型犬と大きさがわかれていますが、アレルギーになりやすい犬種は大きさは特に関係ありません。生後1歳位にアレルギー発症が多く、注意が必要です。犬のアレルギーはアトピー性皮膚炎、食物性アレルギー皮膚炎、ノミ・ダニアレルギー皮膚炎と皮膚に出る事が多いです。犬は人間より皮膚が薄くデリケートなので皮膚に出やすくなります。生まれつきアレルギーが出やすい犬種もいるので注意が必要です。

皮膚の他にも耳をかゆがったりただれたりする外耳炎、鼻水が出て来る鼻炎や眼がしらに目やに、目の炎症や腸炎などでアレルギーがわかる場合があります。最初は痒がるのでわかりづらいかもしれません。ふけのようなものが出始め毛が抜け始めるとおかしいとわかり病院に連れていきます。

アレルギーは人間同様遺伝の場合があるので親犬がアレルギーがある場合はより一層注意します。ダニアレルギーは室内犬に多く発症します。人間同様ハウスダストなどにも反応しますので、部屋をこまめに掃除をするなど清潔に保っておくと症状が抑えられます。症状がひどい場合は内服薬と外用薬で治療していきます。完全に治ることはないので、抑えながらアレルゲンを遠ざけて生活改善を心がけます。