Monthly Archives: 11月 2016

犬のアレルギー

毒のある食べ物は食べる事が出来ません。毒のある物以外にもアレルギーのある人は原因の食べmのは食べる事が出来ず、間違えて食べてしまったら命に関わることになります。人間が食べる事が出来ても、犬には食べられないものがあります。犬にもアレルギーがあり、人間と同じく食べてしまったら命に関わる場合もあります。

犬が食べる事食べ物はキャベツや白菜、レタスなどの葉物野菜は食物繊維が豊富なので食べすぎると軟便になります。他にもカボチャやサツマイモなど、食物繊維の多いものは便秘気味の犬には最適です。夏場は人間と同じように水分不足になってしまう犬もいます。そんな時には水分補給の目的でキュウリやトマトを挙げると食事と一緒に水分補給が出来ます。野菜だけでなくバナナや柿、リンゴなど食べる事が出来ます。人間と同じように食べたもので皮膚の変化や体調の変化でもしかしたらアレルギーがあるかもしれないと初めてわかります。

ほとんどの犬の食事はドッグフードを与えていると思います。色々な種類のドッグフードがあり、大きくわかれるのはカリカリとしたドライドッグフードと、缶詰に入っている半生のドッグフードがあります。年齢により入っている成分や大きさや柔らかさが変わっているドッグフードやおやつ用の犬用お菓子など多彩にあります。どんなドッグフードを選べばいいのか飼い主は迷ってしまいます。入っている成分を見ても犬にとって有効な物はわかるのですが、自分の犬に合うかどうかがわかりません。犬の種類によってアレルギーの発生率やドッグフードの種類などを紹介します。