悩みの遠視もレーシックで治療

レーシックというのは、目の表面に位置している角膜の形を自分の目の形に合うようにしてレーザーで調節していきます。
そしてレンズの光の屈折を正しい状態にしていきながら焦点を合わせて視力を回復させていく手術となります。

 

レーザーで形を整える角膜の厚みが十分確保されていれば、レーシックで遠視を矯正することが出来ます。
もしその点で心配なことがあるようでしたら、一度事前検査をして適正かどうかを調べてみると良いでしょう。レーシックで遠視の矯正が可能なのか、という問い合わせがクリニックの方に頻繁にあるようです。
この答えはレーシックで遠視の矯正をすることは、十分に可能という答えとなります。 テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。

美少女フィギュア
http://fig-ad.com/



悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:19/07/14

昨日は、布団に入って2秒でねました。


大勢の人たちは、
根本的にダイエットを勘違いしています。

「美しくなる=ダイエット=食べないこと」と
勘違いしている人が少なくないのです。

美しくなるためにはやせなければいけないと考え、
やせるために無理な食事制限をしている人が多い…

「ダイエットとはとにかく食べないことだ」
それだけに一点集中してしまうのです。
これがいけないのです。

まず、急に食事制限をすると、元気がなくなります。
顔は青白くなり、元気も出なくなり、魂が抜けたようになります。

学生であれば勉強が頭に入らず成績は落ち、
社会人であれば仕事をする元気が出なくてミスをしてしまいます。

食べないダイエットをある程度続けることで、
目標の数値までやせられたとしましょう。

しかし達成できたとたん、ため込んだストレスをはき出すかのように、
ガバッと食べてしまうのです。
そうしてリバウンドして振り出しに戻る…という結末。

なぜこれほど具体的にわかるのかというと、
おいら自身が何度も経験したことだからです。

思春期は、特に人目を気にする時期で、
何度もダイエットに挑戦をしては失敗を繰り返しました。
特に、はまったのは高校を卒業した時期でした。

おいらに限らず、周りのママも
過去に何度かダイエットを経験している人がいました。
女性ばかりと思いきや、男性にも多いのです。

しかし話を聞くと、
なぜか成功している人よりも失敗している人のほうが多い!
おいらもそのひとりでした。

その失敗するダイエットに限って
「食べない」という方法に頼るものだったのです。
みんな同じようなことを考え、同じような失敗をしていたんです。

みなさまも、そんな失敗経験はありませんか?

くれぐれも、食べないダイエットはやめてくださいね!

今日は、ここまで。

ホーム サイトマップ