一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。

横浜 占い 当たる
http://petite-petal.com/area/yokohama/



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:18/01/06

減量をするなら、
ご飯について注意を払うことが必要になってきます。

まず減量の基本として、
脂肪分と糖質を、
いかに食べないようにするかがカギになります。

脂肪分については、
摂取したものが体脂肪という形で貯蔵されていきますから、
減量中は控えるべきなんですよね。

揚げ物などの料理を
減量中は、あまり食べてはいけないということは、
なんとなくイメージすることができるでしょう。

でもね、
糖質も、あまりに大量に食べてしまうと
体脂肪に変化をしまうんですよ!

体質の中に糖質が取り込まれると、
インスリンというホルモンが体内に吸収しようとします。

インスリンは、糖質を体内に吸収するときに、
体脂肪という形に、糖質を一度合成し直してしまうんですよね。

かつて、
低インスリン減量というのが、
注目されたことがあります。

低インスリン減量は、
インスリンの特質をヒントに考案された減量なのです。

糖質と聞くと、「甘いもの」というイメージを
持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

実際、ケーキやスナック菓子なんかは、
糖質を多く含んでいます。

しかし糖質は、スナック菓子や甘いものだけではなく、
炭水化物にも多く含まれているんですよ!

炭水化物というと、
ご飯や菓子パンといった、
あたしたちの主食に多く含まれています。
ですから、なかなか量を減らすのは難しいかもしれません。

減量中は、
ご飯や菓子パンの代わりに
野菜をたくさん食べるなどして、
空腹を他の食材でごまかすという方法を探ってみましょう。


ホーム サイトマップ