一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:19/01/19

ダイエットのために
運動を始めた人が陥りやすいワナは、
「ごはんが美味しくなる」ということでしょう。

そもそもダイエットの必要がある体型をしている方は、
標準よりも多めに
ごはんを食べてしまっている可能性が強いはずです。

あるいはごはんの量は普通でも、
油物や糖分が多かったり…
とにかく、食べることが嫌いなら、
ダイエットが必要になることもありませんよね…

元々食事が好きなのに、
ダイエットで運動を始めると、
当然ですが、いつもよりお腹がすいてしまいます。

お腹がペコペコだからこそ
「ごはんがより美味しい!」
まさに健康の証ともいえる現象ですね!

「運動しているから大丈夫」という安心感で、
普段より食事量が多くなると…
運動による消費エネルギーよりも
食事による摂取エネルギーが上回ってしまうので、
当然ダイエット効果が出にくくなります。

ダイエットのコツは、
運動と食事制限を同時に行うことです。

なので、
摂取エネルギーより消費エネルギーが上回るよう、
運動に励む必要があるのです。

せっかく運動してダイエットに取り掛かるなら、
一刻も早く成果を出したいものですよね!

なかなか成果が出なければ、決意も揺らいでしまいます。

そこで、食事もある程度制限し、
集中してダイエットに励む必要がありますが、
ダイエットを実践している人の中には、
間食やビールをカロリーにカウントしていない方も…

むしろ間食やビールはダイエットの大敵ですから、
せっかくの運動効果を台無しにしないよう、気をつけましょう!

ホーム サイトマップ