一時的なレーシックにおける後遺症

レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

 

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:19/02/12

おいら自身の経験からもそうなのですが、
シェイプアップって根性や忍耐は不要だと思います。

実際、根性入れて
毎日限界まで筋トレして、
汗ダクになって立てなくなるまで走りこんで、
そして一汁一菜の食事もしくは断食をして…
なんてシェイプアップってどう思います?

そりゃ、これだけやれば
体重なんてあっという間に減るでしょうね。

でもおいらは、こんな風に一時的に爆発的に行なうものを
「シェイプアップ」とは言わないと思います。

だって、何かのイベントに合わせて痩せて、終わったら元に戻って…
なんてシェイプアップではないですよね?

根性や忍耐で爆発的に頑張って、急激に痩せたものは長続きしません。
長続きさせたらそれこそ肉体の限界を超えて、肉体を壊すだけです。

肉体を壊すシェイプアップなんて、おいらはしたくもありません!

例えば、深夜に食べても、
30%脂肪吸収率が上がるだけです。

その30%余分に吸収した体脂肪は
3日以降のどこかで挽回すればいいだけの話なので、
「深夜食べちゃったからシェイプアップできない」
ことはないのです。

事実、おいらの夕方食時間は、
ほとんど20時10:00〜12時です。
こんな生活でも半年で2キロ落とせました。

世の中のシェイプアップ法の「これはダメ!」と言うのも、
「これをやったらシェイプアップは失敗」
というのではなく、
「こうした方がベター」
と言った程度のものなのです。

数ある禁じ手を守らなくても、シェイプアップはできます!

だから
「これをやっているから、おいらにはシェイプアップは無理」
なんて考えないで、
「じゃあ他の方法を考えよう」
と言う具合に発想の転換をしましょう!


ホーム サイトマップ