一時的なレーシックにおける後遺症


一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:17/12/05


家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪

ボクは毎日電車を乗り継いで通勤しています。

通勤ラッシュからは少しずれた時間帯なので、
比較的楽な通勤だとは思うのですが…

それでもボクはメールをしたり、本を読んだり…と
なんとか楽しく過ごそうと工夫しています。

ボクはときどき、車両に乗ってるみんなの顔を見回して、
この人はむすっとしてるけど、笑ったらどんな感じなんだろう?
怖そうな人だけど、どんな話題に乗ってくるのかなぁ?
…などと一人で考えて、楽しんだりしています。

ただ、現実には、
目の前にいる人たち(ボクも含めて)は
なるべくまわりの人とは
関わらないように自分の世界にこもっている感じ…

余計なことには巻き込まれないように、
まわりとの壁を高〜くそびえ立たせているような
そんな感じがします。

この壁を崩すのは、かなり難しそう…

ボクが気軽に話しかけたとしても
まったくたち打ちできそうにありません。

ボクがかろうじてできるのは、
目の前に座った子どもと
両親の目を盗んでこっそり遊ぶことくらい…
まだまだ度胸はありません。

でも、
たまたま席を譲ったおばあちゃんが喜んでくれたり、
小さな子どもを介して周りの人が話したりというのに出会うと、
ボクはすごくうれしくなるんですよね。

本当は、
ボクだけじゃなくきっと多くの人がそんな電車に、
そしてそんな世の中になるといいなぁと
思ってるんじゃないでしょうか?

こんな電車いいなぁ、
こんな世の中になったらいいなぁって意識する人が
たくさん増えたら、車両中が笑いでいっぱい!
なんていうことになるのかもしれませんね。

読者様もそう思いませんか?

明日はいい日だ。がんばろ〜^^
大量 データ転送について
https://cloudpack.jp/service/spin-off/directimport.html

フォトスタジオ
http://www.starmaker.jp/

注目サイト、脱毛 静岡ならおまかせ
http://datumou-chihou.com/shizuoka/

神戸 賃貸はこちら
http://www.houseplanning.net/


ホーム サイトマップ