悩みの遠視もレーシックで治療

悩みの遠視もレーシックで治療



悩みの遠視もレーシックで治療ブログ:16/07/20


「元気に楽しく暮らすために、介護サービスがあるんですよ」
ケアマネージャーさんの言葉は、正直に言えば、絵空事のように聞こえた。

当時、パパは76歳。
腎臓疾患のため、1週間に2回の人工透析に通っていた。

年齢のためか足の衰えが目立つようになり、
家の中でも杖を使うようにしていたが、
それでも転んでしまうことさえあった。

そんなとき、心配した主治医の先生から
「介護サービスを検討してみては?」と、アドバイスがあった。

パパはデイケアを利用することになった。
「男は寡黙が一番」と、
人づき合いが苦手で、頑固で偏屈、細かいことが大嫌いなパパ。

活動メニューにある
「ちぎり絵」や「レクリエーション」などになじめるだろうか?
他の利用者とうまくやっていけるだろうか?
かえって、ストレスをためることになりはしないか?
…不安だらけだった。

しかし、
パパはケアマネージャーさんの言葉を自分なりに消化し、
励みとしたようだ。
オレの心配をよそに、介護を積極的に受け入れたのだ。

そしてパパは、孫たちの先生になった。
オレたちは、パパも含めて3世代同居の家庭で、
パパにとっての孫が2人いる。
デイケアから帰ると、そこで習ったことを一生懸命に孫に教えはじめたのだ。

孫は、パパの帰りを楽しみに待つようになり、
パパも孫に教えるため、デイケアでの活動に積極的に取り組む…

オレはホッとするとともに、パパの変化に恐れ入った。
パパはきっと、大きな意識の変換をしたのだろう。
介護という環境に身を任せるのではなく、自分から関わるパパ。
からだの衰えを、意識の変換で受け入れるパパ。

「元気に楽しく暮らす介護」という
ケアマネージャーさんの言葉は、本当だった。
パパの姿に、それを教わった気がする。

悩みの遠視もレーシックで治療

悩みの遠視もレーシックで治療

★メニュー

レーシックは両目に限ったことではない
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックでの視力回復について
悩みの遠視もレーシックで治療
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックで老眼も治療可能


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)多くの人に注目されているレーシック情報