レーシックは両目に限ったことではない

レーシックは両目に限ったことではない


レーシックは両目に限ったことではない
両目の視力が同じではないというのは、決して珍しいことではなく多くいらっしゃいます。
コンタクトレンズやメガネを購入する時にも、左右で度数が異なることがあります。そんな視力をレーシックで元通りにしてしまいましょう。

レーシックで片方だけ治療をすることに抵抗を持っている人も中にはいるかと思います。
しかし片目だけのレーシックというのはごく一般的に行われている手術方法の一つなのです。視力が低下をしてしまっている方の中には、片方の目だけが低下してしまっている人も多く存在しています。
この低下してしまった片方の目だけをレーシックによって回復させることが出来るのです。 まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。




レーシックは両目に限ったことではないブログ:19/06/15

今日は久々に筆が進みそうです。


夏場になって気温が上がってくると、
冷たい飲み物を飲む機会が増えてくると思います。

気温が上昇すると、体温も上昇します。
すると、体質に冷たいものを入れることで、
体温を下げたくなる気持ちもわかります。

しかしダイエットをしているときに、
あまり大量に冷たい飲み物を飲み過ぎると、
逆効果になってしまうことがありますよ!

冷たい飲み物とダイエットの関係を探る上で
ポイントになってくるのが、リンパです。

リンパというのは、オレたちの体質の全身を流れています。
リンパは、細胞が活動することによって生じる
老廃物や不要物を取り除く働きがあります。
ですから、オレたちにとって重要な役割を果たしているのです。

ところが冷たい飲み物を飲みすぎてしまうと、
このリンパの流れが悪化してしまいます。

すると、なかなか老廃物や不要なものが
体質の外に排出されずに、とどまってしまう可能性があります。

老廃物が体質の中にとどまってしまうと、
ダイエットしている人にとっては、不都合なことが起きます。

まず、代謝の力がダウンをしてしまいます。
すると、消費されるカロリーの量も少なくなり、
効率的にダイエットをすることができなくなってしまいます。

また、老廃物などが体質の外に排出されなくなると、
特に下半身にむくみを引き起こす場合があります。
これが、いわゆる下半身太りの原因になるわけです。

暑くなると、冷たい飲み物に手がいく気持ちはわかります。
しかし、ダイエット中は
冷たい飲み物は、ほどほどにしておくことを心がけましょう!

できるだけ冷たい飲み物は控えて、ダイエットを成功させましょう!

明日はいい日だ。がんばろ~^^
レーシックは両目に限ったことではない

レーシックは両目に限ったことではない

★メニュー

レーシックは両目に限ったことではない
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックでの視力回復について
悩みの遠視もレーシックで治療
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックで老眼も治療可能


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)多くの人に注目されているレーシック情報