一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症


一時的なレーシックにおける後遺症
レーシックによって視力が再び低下してしまうなどということは極めて稀なこととなります。
もし視力が低下をしてしまったとしましても、角膜の厚みがまだ十分に残っているのでしたら、再度レーシックの手術を行うことが出来ます。

視力の低下は、近視の程度が酷いと、可能性が高くなってくる後遺症となります。
このことから事前の検査によって、ある程度のレーシックのリスクを把握しておく必要があるのです。レーシックの手術を実施したことによって生じる後遺症として有名なものに、「目が充血する」「目がしみる」というものが挙げられます。
これらは術後の一時的なものであり、どんなに長くても一週間程度で落ち着いてきますので心配はいりません。 最近になって視力を回復することが出来るという宣伝文句で数多くのサプリメントが発売されています。
中でも有名なのがブルーベリーですが、その根拠は一切無く、確実に近いのは今のところレーシック手術のみなのです。




一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:19/05/25

腹筋体操に関する勘違いで、
特に多いのが、腹筋体操を50回や100回など
多くやれば効果的だと認識されていることです。

テレビで減量に成功した有名人が
「連日、腹筋体操を100回やっています!」
なんて言ってたりしますが…

減量に詳しくない人が見れば、
それが正しいと思ってしまうかもしれませんが、
実際は回数を多くやっても
減量効果が上げるワケでないんですよね!

腹筋体操を100回やったとしても
思うような効果を得ることはできないでしょう。

そもそも高回数の体操は
筋肉を鍛えることの論点がズレているからです。

50回や100回など回数を多く行うのは、
筋肉の持久力の向上を目的として行うのが
体操学では基本的なことです。

減量では
筋肉を鍛えて代謝が上げ、体脂肪燃焼効果を向上させたり、
体のラインを引き締めるために筋肉を鍛えます。
このような場合、高回数の体操は適していないのです。

ではどのくらいの回数が適しているかと言うと、
減量では15~20回が適しているのです。

「えっ少なくない!?」と思うかもしれませんが、
筋肉を鍛えるために重要なのは回数ではなく、
筋肉にしっかりと効かすことなのです。

意識を集中して鍛えることで
15~20回の回数でもしっかりと効かすことができるのです。

大切なのは
「しっかり意識を集中して鍛える」ことです。

1セット15~20回で行い、
2~3セット行うのが効果的な
ウエスト周りの筋肉の鍛え方となります。

今日は、ここまで。
一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

レーシックは両目に限ったことではない
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックでの視力回復について
悩みの遠視もレーシックで治療
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックで老眼も治療可能


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)多くの人に注目されているレーシック情報