一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症



一時的なレーシックにおける後遺症ブログ:18/05/05


こんばんわっすー。

ダイエットを行う場合、
食べる事制限をして
摂取カロリーを減らすわけですが…

中の食べる事の大原則として
炭水化物から減らすのではなく、
まずは、脂質を減らしていくことが鉄則です。

脂質はカロリーが高い栄養素。
1gのカロリー量が9キロカロリーもあるのです。

炭水化物とタンパク質は1g、4キロカロリーですので、
脂質は約2倍もカロリーが高いことになりますね。

食べる事のカロリーを減らして行く場合、
脂質をカットするためには、
揚げ物など、脂質の多い食べる事を摂らないようにしましょう!

これはダイエットの基本中の基本ですね。
でも出来ていない人が多いのですが…

毎日の食べる事から脂質をカットするだけで、
大抵の人が毎日500kcal以上も減らすことができ、
体重は徐々に落ちていくのです。

なので、ダイエット中は、
まずは脂質からカットして、
摂取カロリーを減らしていくようにしましょう。

そして体重が落ちなくなったら、
そこで初めて、炭水化物の摂取量を300kcal程度減らします。

これで、また体重が落ちはじめ、
また体重が落ちなくなったら300kcal程度減らすようにして
摂取カロリーを徐々に減らしていく…

これが
ダイエット中の理想的なカロリーの減らし方なのです。

ただし、
脂分でも良質の脂分は定期的に摂るようにしましょう。
良質な脂分とは、魚に含まれる脂肪分です。

魚の脂肪分は、
同じ脂質でも肉体に蓄積し難いという特徴を持っています。

特に鮭には
体脂肪減少効果のある脂肪酸が多く含まれているので、
ダイエットにとっても役立つ食材なんですよ。

――――――以上で今日の報告を終わります。
一時的なレーシックにおける後遺症

一時的なレーシックにおける後遺症

★メニュー

レーシックは両目に限ったことではない
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックでの視力回復について
悩みの遠視もレーシックで治療
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックで老眼も治療可能


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)多くの人に注目されているレーシック情報