レーシックでの視力回復について

レーシックでの視力回復について



レーシックでの視力回復についてブログ:16/04/19


コンニチワー

おれたちのからだは、いつもどこかに力が入っている状態です。
立つにも座るにも、
からだを支えるために、どこかに力が入っていたり負担がかかっています。

人間のからだを建物に例えるとわかりやすいかもしれません。
高層ビルの上の方の階は、風が吹いたり地震などがくると、
かなり激しく揺れますよね。

それは建物をつくるときに、
ハンドルなどと同じように「遊び」の部分を作っているからです。
もし、その「遊び」の部分がなく、
きっちり寸分の狂いもなく建てられていたとすれば、
その建物は激しい衝撃があったときに、
ポキっと折れてしまうことになります。

おれたちのからだも同じです。
人間のからだは206本の骨とそれらをつなぐ関節、
そしてその周りを筋肉や脂肪、皮膚などが覆っているわけですが、
それらが固まった状態でいればどうなるでしょう?

からだはいつも緊張状態にあることになり、
動こうとしてもロボットのような動きになってしまいますよね。
それを解決するためには、
意識的にからだをゆるめることができるようになればいいわけです。
そこで開発されたのが「ゆる体操」です。

ゆる体操は、
からだをゆすることによって、心身をゆるめリラックスさせる体操。
年齢や場所を選ばずにできる「ゆる体操」を行うことで、
緊張した状態のからだや筋肉をゆるめ、
健康を維持することができるということで、
高齢者の多い地域や生活習慣病の予防目的で用いられている体操です。

呼吸に使っている筋肉をゆるめることで、
深い呼吸ができるようになり、
酸素をからだの中に取り込みやすくなりますし、

緊張がとれることで副交感神経の働きが活発になり、
からだや筋肉だけでなく、
精神的にもリラックス状態を手に入れることができるなど、
減量効果も期待できそうですね!

――――――以上で今日の報告を終わります。
レーシックでの視力回復について

レーシックでの視力回復について

★メニュー

レーシックは両目に限ったことではない
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックでの視力回復について
悩みの遠視もレーシックで治療
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックで老眼も治療可能


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)多くの人に注目されているレーシック情報