レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの


レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックの手術で本当に失明してしまうことがあるのかということですが、これはほぼあり得ない言っても決して過言ではありません。
当然レーシックによって何が引き起こされるのか分からないという状況は、その他の盲腸などの手術と変わりは無いのです。

他の手術でもリスクはあるということを平等に言えることなのです。
レーシックでの失明の可能性というのが、その他の手術と比べて低いという根拠はどこにも無いのです。レーシックの治療で今現在利用されている技術は、実際のところまだ確立され始めてから日の浅いものと言えます。
ですので多くの人々がレーシックの手術に対して不安を持っており、なかなか手術を実施出来ないという状況になっているのです。 レーシックについての口コミサイトが最近多くなってきましたが、これはまさに必見の情報サイトと言えるでしょう。
ただし中には悪質なレーシッククリニックへの誘導サイトも存在しているので注意が必要です。




レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いものブログ:19/09/23

昨日、
フリーで仕事をしているぼくのところに、
大きな仕事の話が舞い込みました。

引き受ければ、
今の収入が倍ほどになるような仕事です。

だけどぼくは24時間悩み込んでしまいました。

「家内と子供のために、もっと収入を増やすために、
大きなチャンスだから引き受けるべきだ!」

「今、自分がやりたい仕事ではないし、
引き受けたら本当にやりたい事が出来なくなるぞ!」

心の中に二人のぼくが居て、
身動き取れなくなってしまったんです。

家族の生活のために、
何よりも優先される「仕事」なのだったら、
もちろん引き受けて、収入を増やす事が正解です。

だけど、引き受けたら
今本当にしたい仕事が削られてしまう…

ぼく一人では答えが出せず、
思い切って家内に相談しました。

長い時間、話し合いが続きましたが
家内も答えが出せずにいました。

もちろん家内にとっては、
収入は何よりも大切なものでしょう。

だけど家内の心の中にも、
「夫にやりたい仕事をやらせてあげたい」
という気持ちとの葛藤があったのです。

そんな家内の気持ちを知ったとき、
ぼくは「はっ」と気付きました!

今までぼくは、
自分や家族のために
「仕事」を優先してきたつもりですが、
本当はそうじゃなかったんだと…

いつもぼくは、
自分がやりたいことを選択していただけだったのです。

それを家内や子供に、
解ってもらいたいがために
「仕事」という言葉を使っていたんですね。

自分がやりたいことをやっていることに、
どこか後ろめたさも感じていたのでしょう。

そんな自分に気付いたぼくは、
大きな仕事を断って、
やりたい仕事を優先することにしました。

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの

★メニュー

レーシックは両目に限ったことではない
レーシックはまだまだ確立されてから日の浅いもの
レーシックでの視力回復について
悩みの遠視もレーシックで治療
手術中に痛みがあるのかどうか
医師選びは知識と経験が大切
一時的なレーシックにおける後遺症
レーシック後には感染症に注意
術後の安定までの日数
レーシックで老眼も治療可能


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)多くの人に注目されているレーシック情報